ムヨウノヨウ

役に立たないこと書いていきます

自転車への愛、そして別れ

私は自転車に乗ることが好きだ

歩くより早く、楽に早く進むことができる自転車は人類最高の発明だと思う

 

自動車も、荷物や人を運びながら長距離を早く走れるので便利だが

道路には長時間かけて免許を取らなければいけないほど制限速度や

踏切前では一時停止をしなければならないなど様々な規則がありすぎる

しかも、場合によっては渋滞によって

なかなか前に進まなくなってしまうなど、とても窮屈に思えてしまう

そして、ガソリン代や車検代などの維持費や

事故を起こした時の修理代が結構かかってしまう

これが一番ネックである

 

その点自転車は荷物や人こそあまり運べず、

長距離の移動にはあまり向いていないが

車ほどガチガチな規則はあまり無い、無免許でも乗れる

都市部など人が密集しているところでなければ

ほとんど渋滞もなくスイスイと走れる

そして、こだわらなければ本体も新品で1万5000円前後だ

車検も無く、燃料は自らの肉体のカロリーで維持費も安い

パーツが壊れて修理するときも高くて5000円ほどで足りるほどだ

 

普段の移動は天気が良く、荷物もあまりなく、

大体10km以内であれば自転車で移動している

しかし、そんな私の愛ゆえにだろうか

私はよく彼女(?)達を壊し、失ってしまうのだ

大学生の時は4年間で4台の自転車を壊した

そのドラマを少し語らせていただく

 

[1台目]

高校時代を一緒に過ごした嫁

乗っているといきなりタイヤが破裂、

どうやらタイヤの寿命だったらしい

バイトの初任給でタイヤを買い替えるも1週間後フレームが壊れる

修復不可となり、泣く泣く中古の自転車を買う

これでバイト代金がほぼなくなった

 

[2台目]

バツ1、元嫁のタイヤを引き継いだ

半年ほど無事に乗るが、学校祭の帰りに盗まれる

楽しい気分が台無しである

帰りに中古の自転車を買う

のちに盗まれたものが見つかり自転車店に引き取られるも、

修理するとかなりの高額なので廃棄させてもらう

廃棄に必要な1500円は私が払った、踏んだり蹴ったりである

 

[3台目]

バツ2、今回は通学用のものではなくママチャリ、人妻である

そんな二人は長くは続かなかった

鍵をかけずにゲームセンターに入ってしまい、

10分後にはもう他の奴と駆け落ちをしていた

出会ってから2週間目の出来事である

彼女にはもう二度会えなかった、なんと切ない物語である

 

[4台目]

バツ3、この嫁はパンクなど細かい修理はあったが、

卒業まで一緒だった

しかし、実家に帰る直前にペダルが根本から折れ、

廃棄することになった

 

今の嫁は祖父から譲ってもらったマウンテンバイクである

本来、山で乗るものなので頑丈で

タイヤもパンクしにくいのでとても長く乗れている

 

皆さんには、自転車に愛をもって丁寧に扱い、

しっかり鍵をかけて乗っていただきたい