読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムヨウノヨウ

役に立たないこと書いていきます

パンツがバリバリ破けるpeople

略して「パリピ」である

ただの間抜けが言葉を略しただけで

リア充っぽい響きになるのは言葉の魔法である

 

私はとにかくパンツがよく破ける

ズボンと下着どちらの意味でも私に履かれればバリバリ破れていく

 

その理由は、前回前々回の記事にも書いたのだが

私は自転車によく乗り、バレーボールをしていたので太ももが結構太い

なので、パンツへの負担、特に股下あたりにすごい負担が生じるのだ

 

下着はトランクスなどゆったりしたものを選んでも

汗で張り付いたときに、急に屈んでしまうと

「ビリッ!」という断末魔を残してパンツがご臨終する

最後の一撃は切ない

 

ズボンに関しては太ももに余裕を持たせるように選ぶと、

ウエストがぶかぶかになってしまったり

なんだか鷹職のようになるので、

太ももが締め付けない程度に密着しているものを履いている

 

ズボンの場合、下着のように急に屈んだ時に

「バリバリッ!」と終末の音を残してその役目を終えるときもあるが

一番よくあるのが、すり減っていつの間にか穴が開いているときである

しかも、場所は決まって股下なのである

 

多分、自転車に乗っているときにサドルで擦れ、

普通に歩いている時でもよく擦れているからであろうか

どこかで座っていて、やけに股下の風通しがいいと感じ、

見てみると、結構大きめの穴が開いているときがよくある

 

なので、私にとってパンツは消耗品なのである

最近はそんなに激しく動いていないで少なくはなったが

バレーボールをしていた時はひどかった

汗は常にかくので下着は常に張り付き、約月1枚を消費していた

練習の時に「よし来い!」と気合を入れて構えると共に

「バリッ!」と子気味いい音を聞くと脱力感に襲われたものだ

 

そんな訳で私は、パンツがバリバリ破けるpeople通称「パリピ」なのだ

この記事に深く共感したあなた

あなたも今日から「パリピ」の一員だ