読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムヨウノヨウ

役に立たないこと書いていきます

さよならアンブレラ

私は北陸地方で人生のほとんどを過ごしている

そこの特徴の一つとして、とにかく雨がよく降る

なので、傘は必需品である

 

しかし、私はこの傘をよく失ってしまう

一番多い原因はどこかへ行って

そこの傘立てに置きっぱなしにしてしまうことだ

そのようなことが起きる理由として、この地域は天気に波があり

朝は降っていて、昼には晴れるということが多々あるからだ

そうすると3つ歩けば忘れるような構造の私の頭はもう

「お、晴れたー!」などとのんきことで頭いっぱいになり

私のパートナーの置き去り事件は発生してしまうのである

ちなみに、忘れた事に気付くのは次に雨が降った時だ

こうやって書いてみて、本当に頭が悪いと実感する

 

次に雨と風によるコンボによって起こる

通称「アンブレラブレイカー」である

実家の親に車で送ってもらうか、

自分で車を持っていればこれは防げるのだが

車を持たない一人暮らしの場合はこの餌食だ

 

まず雨が降る、そうすると外出の際は必然的に傘をさす

そこに強風が吹くとあら不思議

昨日買った500円の傘が一瞬にしてオシャカになるのだ

多分、このコンボで少なくとも10本は持ってかれた

コンビニで傘を買い、外に出て10分でご臨終した時もある

一人暮らしの時は、傘は日常における消耗品のひとつであった

 

これを防ぐために、壊れにくい少し高めの傘を買う方法もある

しかし、私の場合は最初に書いたようによく傘を忘れてしまう

最初の頃は気を付けるのだが、後々に気が抜けるとすぐ忘れる

そして、取りに行っても誰かに傘が盗まれているのだ

実際に私は1500円の傘を持っていかれた

本当に私は傘を持ち歩くのに向いていない頭の構造である

 

こうやって記事を書いていて、ふと思ったのだが

私は一人暮らしをした4年間で何円分の傘を消費したのだろうか

少なくとも1万円は超えていると思う

 

私のおかげで傘業界が少しでも潤ったのならばこれ幸いである

・・・と、自分を許してみる試みをしてみる