読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムヨウノヨウ

役に立たないこと書いていきます

のまのまイェイ(ビール編)

前回の予告通り、今回はビールの話だ

皆さんは自分が初めて飲んだビール銘柄を覚えているだろうか

 

中学・高校を卒業してすぐ働いた人や、大学に行った人も

ビールの「ビ」の字もわからないのに上司や先輩に飲み会に誘われ、

どこの馬の骨かもわからないビールを飲まされたので

覚えていない・知らないという方や

上司・先輩とは飲みに行かなかったが

そんなくだらないこと覚えていないという方が多いだろうか

 

私は、鮮明に「キリンビール」だったと覚えている

なぜなら、キリンビールを使っていたバイト先で

成人した際に、店長からビールを奢ってもらい

私はビールバージンを散らしたからだ

「ビールバージン」は私の造語である

初めて飲んだビールという意味で作った

 

皆さんが最初ビールを飲んだ時の感想はどうだっただろうか

私の場合は「まずい」ただその一言だ

ビール特有の苦さもさることながら

キリンは他の銘柄よりも風味にクセがあるらしく

飲みにくさに拍車をかけているのだった

 

しかし、バイト先の店長いわく

「お酒が飲めるなら、ビールだけは飲めるようにしとけ」との事で、

素直な私はその日からビールをおいしく飲めるように努力した

 

しかし、なんといっても問題はあの味だった

炭酸は苦手ではないのだが、あの風味のせいで喉に通らない

それならば、と私はある策を用いた

 

その策とは、「ビールを舌に乗せず、喉に直接注ぎ込む」という、

名付けて「のどごしダイレクトアタック作戦」だ

 

私の文章力で説明は無理と判断したので少し図を描いてみた

f:id:tony_smith:20161119051432p:plain

描いて一分後に私は絵のセンスも皆無だったとこを思い出した

 

とにかく、この方法だと味を感じずに

のどごしだけを感じることができるということだ

 

実際に私はこの方法で半年ほど飲んでいた

味はよくわからないが普通の飲み方より断然飲みやすくなり、

次第に体がビールに慣れてくるのかわからないが

徐々に普通に飲むことができるようになった

 

ビールの味が苦手な方々はこの方法を試してみていただきたい

そして、飲み会での「とりあえずみんなビール」

という言葉に眉をひそめない程度には

ビールを飲めるようになっていただけばこれ幸いである

 

P.S.

今ではアサヒビールが一番好きだ

あのスッキリとした味わいが、冷たいビールにとても合う

無論、キリンビールも好きだが