ムヨウノヨウ

役に立たないこと書いていきます

CDレンタルにて、ジャケ借りのススメ

私はよくCDをレンタルする

昔はよく買っていたのだが、CDは結構かさばり、

アルバムCDが1枚3000円というのは高く感じてしまい

あまり買わないようになってしまった

 

最近は旧作10枚で1000円の店があるので

安価で、新しい音源を入手できる

いい時代になったものだとしみじみ思う

 

 

昔からCDレンタルはあったが

MP3プレーヤーが流行りだしたころに

CCCD(コピーコントロールシィーディー)という

パソコンに音源を取り込めないようにするCDが出てきており、

誕生日にせっかく買って貰ったMP3プレイヤーに

自分の好きなCDの音源を入れようと思ったが

それがCCCDだった時があり、

しばらくCDが信じられないようになってしまったときがある

 

しかし、いつの間にかCCCDは無くなってしまった

その理由を少し調べてみると

ユーザー、そしてアーティストの反発。

 おそらく制作現場からの反発の声もあったからなのでは」

という事らしい

 

timesteps.net

↑のリンク先のサイトにCCCDについての詳細があるので

興味があれば読んでみてもいいかもしれない

 

 

話をCDレンタルについて戻そう

 

私がCDをレンタルするときはある程度、目星をつけるが

それも2・3枚くらいである

残りの7・8枚は大体ジャケ借りをしている

 

自分が好きなジャケットのデザインで選んだり、

アーティスト名でなんとなくピンときたCDを借りるのだが、

正直、いざ聞いてみると自分にとって微妙な時が多い

しかし、まれにすごくハマってしまうものがあるので

なかなかジャケ借りも侮れない

 

最近ジャケ借りで発掘したアーティストを挙げてみると

 

PENPALS

youtu.be

90年代の王道パンクのような雰囲気がとてもハマった

動画では代表曲の「TELL ME WHY」を紹介したが、

私は「Cars」という曲が一番好きだった

 

カラスは真っ白

youtu.be

今までファンクポップ系に興味はなかったが

やくしまるえつこ」のようなヴェスパーボイスが好きだったこともあり

このバンドにハマってからは、ファンクポップ系を聞くようになった

 

 

このように、ジャンルも全く知らずに借りるので

今まで興味が無かったジャンルを開拓できるのも楽しい

 

皆さんもCDのジャケ借りを試してみてはいかがだろうか