読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムヨウノヨウ

役に立たないこと書いていきます

貧乏性の虫歯治療

いきなりだが、私は貧乏性である

元々、あまりお金を持っていないからということもあるが

お金を使うのは好きではない

 

そんな私なのだが、最近、虫歯治療のため通院している

1回の治療に対して2000円ほど飛んでいくのは

歯を削ると同時に命も削られるようで恐ろしい

 

※今回は若干、痛々しい表現があります

 

学生の時は親に払って貰っていたので実感がわかなかったが

やはり、歯医者に限らずに治療費は高い

これで健康保険で大幅に引かれているのだから

たまったものではない

 

今朝も虫歯を削りに医者へ行った

今回の虫歯は歯茎の近くにあったので

いざ、治療が開始すると最初の段階でものすごく痛い

あの神経に触れたとき独特の鋭い痛みを

私は体をガッチガチに強張らせて我慢した

 

先生はそんな私を見かねて麻酔をすることを提案した

確かに今回の虫歯治療はすごく痛い

しかし、私の貧乏性ブレインは

「麻酔を使ったら治療代が高くなる」と警告を発した

痛みか・・・金か・・・

 

私は金をとった

麻酔を打たないことを決意したのである

 

先生は不安そうだったが治療を再開した

歯が削られ始めた瞬間、やはり激痛が走った

その瞬間「しまった」という言葉が私の脳内を駆け巡った

正直、この激痛に耐えられる気がしなかった

なぜ、俺はさっき金をとったのだという

後悔の念が出はじめた

 

しかし、もう後には引けない

私は我慢した

一瞬、激痛で意識が飛びそうだった

途中から治療なのか拷問なのかわからなくなっていた

 

そして、なんとか治療は終わった

治療が終わって私は衰弱しきった頭で先生の話を聞き、

治療費の2000円を払って歯医者を出た

 

果たして、あの苦しみには何円の価値があったのだろうか

麻酔治療をしてもせいぜい1000円ほどだったろう

なぜ、私はあのときにこのわずかな金を選んだのだろう

この時ほど自分の貧乏性を恨んだことはない

 

やはり、歯磨きは大切である

それが自分自身の歯を、財産を、精神を守ることにつながるのだ