ムヨウノヨウ

役に立たないこと書いていきます

「ボクと魔王」の思い出 ※ネタバレ無し

f:id:tony_smith:20170315220821j:plain

本日3月15日はPS2ソフト「ボクと魔王」の16周年記念日である

 

どのようなゲームかというと

そのストーリーと深さとキャラクターの魅力から

今なお根深い二次創作が行われ続けている

PS2初期に発売された、隠れた名作RPG

 

(大まかなあらすじなどは↓)

www26.atwiki.jp

 

私もこのゲームのファンの一人として思い出を語っていきたい

 

 

このゲームの出会いは、まだ店で体験版を遊んでいた頃、

近くのゲーム店に「ボクと魔王」の体験版があった

 

その頃は、タイトルを知らずにプレイしていたのだが

当時の私は、個性の強いキャラクターデザインと

コミカルな雰囲気のストーリーはすごく魅力的で

私は何十回も遊んでいた思い出がある

 

そして、年月は過ぎて

ニコニコ動画でゲーム実況が流行りだしたときに

私もゲーム実況を観ようと何気なく動画を探していると、

何か懐かしいゲーム画面のサムネを見つけた

 

そのゲームのpart1の実況を観たときは

懐かしさで涙が出そうになった

ああ、あの頃に体験版をやりまっくたゲームだと

そこで、初めて「ボクと魔王」というタイトルを知った

 

その動画はもうpart1で切り、

私はすぐに「ボクと魔王」を買いにいき、

その日のうちにプレイをした

 

体験版で行けなかったところから先に進んだときは

今までゲームをしていた中ですごくワクワクした瞬間だった

その気持ちを裏切らないように

その先に出てくるキャラクターはどれも魅力的で

ストーリーもとても深く考えさせられるようなストーリーだった

 

そして、エンディングを観たときには

感動と相まって、ゲームを終えてしまった寂しさに

初めてゲームで泣いてしまった

 

その後、すぐに2週目を始めたのは言うまでもない・・・

この記事を観て、まだやったことのない方々は

是非、やっておくことをお勧めする

(しかし、日本では未だにPS3・4に移植されていない

 なので、実機でのみしかプレイできない)

 

 

今回の記事はネタバレ回避のために

すごく抽象的な記事になってしまったが

いずれか、「ボクと魔王」について

もっと深くまで掘り下げた記事を書きたいと思う

 

とにかく・・・

ボクと魔王

16周年おめでとう!

 

追記

少し深くまで掘り下げた記事を書きましたので

こちらもよろしければどうぞ

tony-smith-distortion.hatenablog.com